よくあるご質問 Q&A

事業承継対策に関するQ&A

事業承継に関するよくある質問

スレッド一覧

事業承継において司法書士はどのようなことができますか?(0) by リーガルシップ 2011-05-02
事業承継においてはどのような節税対策がありますか?(0) by リーガルシップ 2011-05-02
事業承継にはどのような方法がありますか?(0) by リーガルシップ 2011-05-02
事業承継に失敗するとどうなりますか?(0) by リーガルシップ 2011-05-02
事業承継の目的は何ですか?(0) by リーガルシップ 2011-05-02
出張相談
出張相談
相続に関する出張相談も承っております。どのような事でもお気軽にご相談下さい。熊本市内及び熊本市近郊は体が不自由な方や高齢者の方に限り出張相談いたします。

◇対応可能エリア
熊本市全域を中心に八代市、人吉市、荒尾市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、上天草市、宇城市、阿蘇市、天草市、合志市、美里町、玉東町、長洲町、南関町、和水町、菊陽町、大津町、小国町、南小国町、高森町、産山村、西原村、南阿蘇村、嘉島町、御船町、益城町、甲佐町、山都町、氷川町、芦北町、津奈木町、あさぎり町、多良木町、錦町、湯前町、五木村、球磨村、相良村、水上村、山江村、苓北町

Blog Category

1 遺留分とは?

遺言書によって指定をすれば、法定相続人以外の者に全財産を遺贈することも可能です。もちろん遺言者の意思は最大限尊重すべきですが、残された家族が生活の基盤を全て失ってしまうという事態もでてきます。そのような、あまりにも相続人に不利益な事態を防ぐため、一定の相続人に相続財産の一定割合を確保するために設けられたのが「遺留分」の制度です。(1­)遺留分権利者とは?遺留分を請求できる遺留分権利者は、相続人となった次の方々です。ア.配偶者イ.子(代襲相続人を含む)ウ.直系尊属なお、相続人となった兄弟姉妹には遺留分は認められません。また、遺留分は相続人に限って認められる権利であり、相続放棄をした際はもちろんのこと、相続欠格や相.­.­.­
ページ最上部へ