新着情報&ブログ What's new&blog

お盆ですね

2015-08-14 (Fri) 16:48
今日は8月14日。皆さんはお盆休み真っ只中でしょうか
どこ行っても多そうですね
くわばらくわばら(´Д`人)

さてさて、お盆とは伝統的には旧暦7月15日にあたる中元節の日に祝われます。盂蘭盆会からきているといわれています。
日程的には以下のいずれかにお盆を行うことが多いです。
 
1.旧暦7月15日(旧盆) - 沖縄・奄美地方など
2.新暦7月15日(もしくは前後の土日) - 東京・横浜・静岡旧市街地、函館、金沢旧市街地など
3.新暦8月15日 ほぼ全国的(月遅れの盆。2.で主に催する地方では旧盆とも)。
4.その他(8月1日など)
1.は旧暦であるためお盆の日程は毎年変わるので次第に少数派になりつつあります。基本的に3.(月遅れのお盆、旧盆)が主流です。
 
同じような地域でも7月盆と8月盆が混在してますのでわかりづらいですね。

出かけているみなさん事故には気を付けてください<m(__)m>
 
出張相談
出張相談
相続に関する出張相談も承っております。どのような事でもお気軽にご相談下さい。熊本市内及び熊本市近郊は体が不自由な方や高齢者の方に限り出張相談いたします。

◇対応可能エリア
熊本市全域を中心に八代市、人吉市、荒尾市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、上天草市、宇城市、阿蘇市、天草市、合志市、美里町、玉東町、長洲町、南関町、和水町、菊陽町、大津町、小国町、南小国町、高森町、産山村、西原村、南阿蘇村、嘉島町、御船町、益城町、甲佐町、山都町、氷川町、芦北町、津奈木町、あさぎり町、多良木町、錦町、湯前町、五木村、球磨村、相良村、水上村、山江村、苓北町

相続・遺言は家族への思いやり

人間はいつかは死を迎えなければなりません。しかし、まだまだ先のことと思っているうちに何の準備もないまま死を迎えたり、認知症になってしまう人も多いと思います。死に直面したときに後悔がない人というのは、元気なうちにやるべきことをやってきた人ではないかと思います。相続の本来の目的は、親や配偶者など亡くなった方の財産を円満に受け継ぐことだと思います。せっかく仲の良かった家族が、相続による遺産争いで仲違いしてしまったら、何のために財産を残したのか無念になってしまいます。「相続」が「争族」にならないようにするために、本サイト「熊本の相続・遺言・後見サポート」では法律的な面だけではなく、家族に対する思いやりのある遺言書の書.­.­.­

Blog Category

ページ最上部へ