新着情報&ブログ What's new&blog

司法書士相続で活躍

2015-10-26 (Mon) 11:02
 10月20日付日本経済新聞によると「司法書士」に相続の相談や手続き依頼する人が増えているそうです。その背景には高齢化の進展や相続税の増税で相続への関心が強まる中、司法書士は遺言作成支援や遺産分割協議書の作成、不動産の相続登記など個人のニーズに幅広く対応できる点が注目されているようです。
 高額所得者や企業オーナーであれば、税理士や弁護士に最初に相談される方も多いと思いますが、相続税がかからない場合でも長く放置しておくと権利関係が複雑となり、遺産争いの元になる場合もありますので、早めに相談されることをお勧めします。
 司法書士が選ばれる理由の一つとして報酬がリーズナブルで明確な点もあると思います。当事務所でも報酬は明確にしておりますのでお気軽にご相談ください。
 土日しか相談に来られない方は事前予約で対応できます。

《司法書士相続で活躍(2015年10月20日付日本経済新聞掲載)》

                                                                                   司法書士 松下勝司


 
出張相談
出張相談
相続に関する出張相談も承っております。どのような事でもお気軽にご相談下さい。熊本市内及び熊本市近郊は体が不自由な方や高齢者の方に限り出張相談いたします。

◇対応可能エリア
熊本市全域を中心に八代市、人吉市、荒尾市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、上天草市、宇城市、阿蘇市、天草市、合志市、美里町、玉東町、長洲町、南関町、和水町、菊陽町、大津町、小国町、南小国町、高森町、産山村、西原村、南阿蘇村、嘉島町、御船町、益城町、甲佐町、山都町、氷川町、芦北町、津奈木町、あさぎり町、多良木町、錦町、湯前町、五木村、球磨村、相良村、水上村、山江村、苓北町

 遺産分割協議

(1­)遺産分割協議とは「遺産分割協議」とは誰が、どの遺産を、どれだけ、受け継ぐのかを決めるための話し合いです。相続開始後ならいつでもできます。相続人全員で集まり、協議するのが一般的です。しかし、集まることができない場合は、電話などで話し合いをしていただき、その後、合意した内容の協議書を郵送し、署名捺印をいただく方法でもできます。なお、遺産分割協議は、共同相続人の全員によってする必要があり、一部の相続人を除外してなされた遺産分割協議は無効となります。また、遺産分割協議の当事者には、法定相続人だけではなく、包括受遺者や相続分の譲渡を受けた者も含まれます。(2­)円満な遺産分割協議の進め方遺産分割協議の進め方次第では.­.­.­

Blog Category

ページ最上部へ