相続財産の調査 まずは相続財産をチェックしましょう

1 相続財産の範囲・調査・確定

(1)相続財産になるもの
 相続財産とは、どんな財産のことを言うのでしょうか。
 プラス財産及びマイナス財産両方が相続される財産となります。

 「プラス財産」とは、現金預貯金土地株式自動車債権などです。
 「マイナス財産」とは、借金住宅ローン未払い税金などの債務や保証人としての責任などの負の財産、つまり相続人が支払わなければならない債務のことをいいます。保証債務が負債に含まれることに特に注意が必要です。
 
(2)相続財産にならないもの
 相続財産にならない財産として、墓地墓石香典遺族年金親権などがあります。
 
(3)調査の方法
 遺産の整理をなるべく早めにする必要があります。相続財産をリストアップしなければなりません。財産をメモ用紙などに書き出すことから始めましょう。また、このときに遺言書がないかを家族に聞いたり、遺言書そのものを探す必要があります。
 確認方法としては以下のとおりです。
不動産 被相続人が保管していた登記済権利証、固定資産税の納税証明書を確認します。または、不動産のある市町村役場で名寄せの評価証明を取得して確認する必要があります。
預貯金 通帳を確認します。通帳が見つからない場合は、銀行に相談され口座の確認することをお勧めします。銀行がわからない場合、可能性のある銀行に確認することになります。
借金などの債務 家族に内緒にしている場合もあるので、特に注意が必要です。調査の方法としては契約書やカード、郵便物などを手掛かりに各金融機関に照会することができます。
  
(4)遺産の範囲が確定したら
 遺産調査の結果、財産よりも負債のほうが大きいときは相続放棄を検討する必要があります。プラス財産が大きいときは、遺言書があるかどうかによって手続きの流れが変わってきます。
 遺言書がある場合は、原則はその遺言どおりにプラスの相続財産を分けることになります。
 遺言書がない場合は、相続人全員で、誰がどの遺産を相続するかを協議(遺産分割協議)して決めます。協議が整ったら遺産分割協議書を作成します。
 遺産分割協議については→http://www.kumamoto-souzoku.jp/page0106.html
 
(5)遺産分割協議後(各種財産の名義変更)
 不動産(土地・建物)がある場合は、相続による所有権移転登記(相続登記)をします。司法書士は、相続登記手続きの専門家ですので、司法書士に依頼されると、手続きをスムーズに行えます。
 預貯金がある場合は、金融機関において、払い戻し又は解約の手続きを行います。
 株式がある場合は、証券会社において、名義変更の手続きを行います。
 生命保険金は、保険契約によって定めた生命保険金受取人に対して支払われます。ただし、生命保険金の受取人を被相続人本人としている場合は、遺産分割協議により受取人を決めます。
出張相談
出張相談
相続に関する出張相談も承っております。どのような事でもお気軽にご相談下さい。熊本市内及び熊本市近郊は体が不自由な方や高齢者の方に限り出張相談いたします。

◇対応可能エリア
熊本市全域を中心に八代市、人吉市、荒尾市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、上天草市、宇城市、阿蘇市、天草市、合志市、美里町、玉東町、長洲町、南関町、和水町、菊陽町、大津町、小国町、南小国町、高森町、産山村、西原村、南阿蘇村、嘉島町、御船町、益城町、甲佐町、山都町、氷川町、芦北町、津奈木町、あさぎり町、多良木町、錦町、湯前町、五木村、球磨村、相良村、水上村、山江村、苓北町

Blog Category

遺言は家族への思いやりを忘れずに

遺言は家族への思いやりを忘れずに「遺言」は、その言葉のとおり「遺す言葉」です。遺言書の本質は「遺言者の家族への想いを、どれだけ言葉で遺すか」にあると思います。財産の分配方法だけを記した遺言書が多く見受けられますが、それだけでは故人の想いや感情は分かりません。財産の分配方法だけを記した遺言書は、無機質で、その内容が相続人の意に反する内容であった場合には遺言書があることによって、むしろ相続争いの元となる場合もあります。遺言書は単に相続財産の分配についての意思表示にとどまらず、実際に感謝の言葉を用いて文章を綴ることができます。遺言書は家族への手紙として、愛情や感謝の念、これからのことなど、ご自身の思いを表現できるも.­.­.­
ページ最上部へ